バラとリバティ

最近いろんな雑貨屋さんで見るリバティ雑貨。このイスもかわいいね〜
a0134562_23575259.jpg

私より気に入った丸さん。店の中でずーっと座り込み。
a0134562_23581321.jpg

店の外でも座り込み。
a0134562_23584096.jpg

またもや部屋着のままで自由が丘まで散歩に来てしまった母子。。。あー
だから余計、自分の家?ってくらいリラックスして見える丸。

ここ数週間、バラと生地のネットショップを見まくって、少しバラとリバティに詳しくなった私。
結婚式の時ももっとバラのこと勉強しとけばよかったな。
でもやっぱりバラってそんなに好きなわけでもないの。バラが一番!とかは思わないけど、近所に咲き乱れていた白いモッコウバラは育てるのが簡単そうでいいな、というのと、昔から白いバラは好きだったので、ちょっとポチッとクリックしてみたよ。
でもマンションの庭の土はかなりの粘土質、っていうか粘土。しかも掘ってみたけど30センチもないくらい。あー

生地の方はというと、京都で買った黒いリネンでようやく1こ完成。
リバティはかわいいけど、イマイチ「これ!」っていうのもなく・・・(私に似合わないだけ?)でもどうせなら1こくらいリバティでも作ってみたいなあと思ったり。
最近は自由が丘のCheck&stripeにしょっちゅう顔出し状態。(その間、丸はお子様スペースでおままごとをしてくれる。「そーせーじ!」「そーせーじどうぞ!」という低い声が店内に響いている。)

そんな感じの最近。FBもそんなにやってないのに、ブログ書く時間がなかったというか書く気にならなかったというか。

そうそう、今週発生した私の悩み・・・丸さんへの心配・・
いつも会う人会う人、声を揃えて「声がえらい低いなあ」という低音ボイスの持ち主、丸さん。
さすがに親の私も慣れてきたこの頃だけど、日々成長を続けている子供たちはようやく気づいたみたい。もしかしたら、声が低くて大きい丸のこと、怖いかも。だってどんなイカツイ子でも、声だけは小鳥のような2歳児たち。おっさんみたいな声で「あかんのお〜!」と言われるとちょっとびびるみたいなのだ。
この前プールで、今までふつうに仲良くしてた友達が、今日も一緒に走ってはしゃいでるなー・・・と思ってたら、突然丸に追いかけられてると思ったようで泣き出した。おおおお
声で損する子供の出現。
将来、低音ボイスで女子達をめろめろにしてくれるならいいとして・・・案外、声変わりせずにきーきー喋るおじちゃんになったりしてね。あいかわらず、妄想は広がる。
[PR]
by bambolinadue | 2011-06-05 00:09 | Con Mio Figlio


<< 東京タワーで恋に落ちる ぐるぐる天気 >>