<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

もうすぐ1さい

a0134562_1317445.jpg

a0134562_13174486.jpg


我が家の天使がもうすぐ1歳になってしまう〜〜
というのに、誕生日のプランも具体的に考えていなければプレゼントの用意もまだ・・・
最近、意思疎通という意味で?表情も広がってきてとってもかわいい、可愛いというよりは面白い存在のキイコロさん。
困ることは、夜に全然寝付かない。
OPPIが終わって眠りに入ってほしいのに、「ハイ、ガソリン満タン!」と言わんばかりに起き上がりベッドの上を練り這う(こう言う?)。最近は、寝ている丸に向かって「アー!」と言ってタンタン叩き起こそうとする。その上を登りまくる。。。

まあ、こういう時期でしょう。それを信じて。一過性だと。

少し前に「これはヤバいのでは・・・」と思っていたシャクレ笑いも最近はなくなってきたし・・
a0134562_13271317.jpg

↑これは10ヶ月頃の流行で終わってしまった、おもしろかったのに〜


というわけで、0歳秋のファッション記録をば。
a0134562_13184154.jpg


ブラウスが、2年半前のパレルモで買った奇跡の1枚。着せられる日が来たことに・・・カンパイ!
a0134562_132574.jpg

この下はね
a0134562_1328442.jpg

大阪のおばちゃんイメージ。生まれる前に買ったんだけど、やすりんに何度も「まじで?まじで買うの?」と言われたやつ。

a0134562_1329157.jpg

a0134562_13382324.jpg

一番のお気に入り!自作だけど(ほほほ)、けい見てる〜?けいがお祝いでくれたリバティfromロンドンで出来たよ♪ありがとう。

a0134562_13345511.jpg

自作と言えばこれも。

本当はもっと赤ちゃんぽい服を着せたいけれど、なんといっても長袖タイツ靴下くつが大嫌い!なキイコロなので、ロンパースとか無理そう。。撮影用に撮るだけ撮っておこうかな・・ショボボン

でもこれからの季節はニット地なんかが重宝するねえ。今年は編み物熱が上がってこないので、春物に向けて洋裁テンションあげてこ〜

最後に、頭がまんまるショットをひとつ。。
a0134562_13503935.jpg

[PR]
by bambolinadue | 2013-11-25 13:38 | Con mia figlia

星砂の浜から

a0134562_003467.jpg

西表では3泊するけれど、出来るだけゆっくり過ごそうとレンタカーは最後の1泊2日のみ。
少し離れた場所や行きたいところは、その1日でまとめ行き!
って・・・ホテルと月が浜以外の場所はすべて、ってこと。
(この暑い中、レンタサイクルで長時間は厳しいし、歩くのは言うまでもなく!)

朝、まずはホテルから5分くらいで行ける星砂の浜へ。
台風が遠くにあるからか?上原港は欠航しているだけあって、もっのすごく高い波が見える。
遠浅だから子供が泳ぐには向いてると読んだはずだけど・・・確かに波は遠くの沖で、しばらくは遠浅。でもとても泳げる雰囲気ではない。
水は透明、砂浜にはさらなる珊瑚珊瑚さんご!砂をすくうと、星砂はすぐに目に入るほど。
ここでは水中メガネを使って、海の中を探検。白いカニやヤドカリを多数はっけん。
a0134562_011115.jpg

a0134562_014166.jpg

a0134562_02391.jpg

ここにも生き物がいっぱい。生きたのも死んだのも、魂すらもありそう。

キイコロは天使にコスプレ。
a0134562_035328.jpg

a0134562_0122131.jpg

しかしながら・・・風は強いし、機嫌も悪い。こんなもんよね。

お土産屋さんで星砂を買って(こういうの懐かしい〜)、ドライブへ。
まずはTシャツ屋さん。a picture book。西表の動物たちのイラストとシンプルな感じがかわいい!
迷いに迷って、丸とやすりんに1まいずつ。
a0134562_23562383.jpg

右側がa picture book。左は石垣のachicocoの。

八重山そばを食べて(沖縄そばよりあっさりだねー)、なかゆくいでコーヒー&ケーキ。
そのまま大原港の方へ向かい、じゃじゃーん、由布島で水牛車に乗る!
これ、昔に写真で見た時から「いいな〜行きたい!」と思ってた。でも場所が西表島、そこから由布島に渡るのだと知って「無理無理」と流していたところ。嬉しい〜〜〜!
竹富島にも水牛はいるけど、こだわるところは水牛ではなく、海を渡るということ!


いかんいかん、ブログの文章だけ書いて2週間くらい放置してた・・・とりあえずupしとこ
水牛車の写真、これまた多過ぎて選べん・・・
a0134562_0123345.jpg

[PR]
by bambolinadue | 2013-11-20 00:17 | 石垣西表'13

マングローブを求めて

a0134562_16355538.jpg

南の島のフローネを見た頃から、ずっと行きたいと思っていたマングローブの森。
子供たちが小さ過ぎて、ほとんどが出来ないことだらけの中、マングローブツアーだけは参加することが出来た♪カヤックじゃないのは残念だけど。
a0134562_16364379.jpg

ホテルからバスに乗り白浜港まで10分ほど。
そこからは遊覧船で仲良川をどんどんのぼっていく。
海と川の境目の印を教えてもらったり、マングローブについて、もとは山に生える木だったことやら生み出す酸素が普通の木の5倍?だってことやら。



a0134562_16374353.jpg

a0134562_16384593.jpg

 ↑突っ込みどころ満載ショット。こういう写真が多いのは祖母→母(私)→の遺伝のよう。花輪君かい!

a0134562_16414967.jpg

a0134562_16421642.jpg

川に入ってしばらくすると、前のデッキに出ていいですよ〜と言われる。ちゃっかり他のお客さんが飽きた頃からはずっと前にいさせてもらう丸。

タンスの奥にしまわれていたようなアンテナを必死で立てまくる私。もっと若い頃に来たらいろいろびしびし感じそうなんだけど。インスピレーション沸きそうなんだけど。

a0134562_16445698.jpg

よしきた!イイ感じ!と思ったところで折り返し〜 チーン。
オイラはこっから先に行きたいんだよ〜

私が望むジャングル的な細い川には遊覧船(小さいけど)ではもちろん入れない。カヤックでなきゃ・・!くくくく。

a0134562_16463215.jpg

なんと、ここまでカヌーで来て、ジャングルを散策。お昼を食べてから遊覧船で帰るというツアーがあるらしい。いいな〜。その参加者たちを待ち、乗り終えると引き返し港へ〜
ここでお茶がふるまわれました。出発する時に「長いのでトイレだけは必ず行っておいてください」と言ってたけど、確かに・・・。さらにこんな冷たいお茶を飲んだ日にゃ〜・・・。ツアー前にはトイレは必ず行くべし。
[PR]
by bambolinadue | 2013-11-12 17:02 | 石垣西表'13

月が浜

a0134562_0255292.jpg


ホテルの裏にあるトゥドゥマリの浜。月が浜。
弓なりのきれいな砂浜。さらさらの砂で、何ともいえない空気のあるところだと思う。
ここにホテルが建つことを反対した人たちがいるのがとてもわかる。
でもホテルがある今しか知らない私からすると、うーん、ホテルは結構ひっそりと、この土地に馴染もうとしているように思えるけれど。。。夜にはカーテンをするように(ウミガメが怖がって浜に上がってこないのを避けるため)なんて注意もあるし。

a0134562_0265896.jpg
初日にいきなりこんなものを発見!ゆえに不思議な印象強まる・・・?
a0134562_027495.jpg

はてに来た!と感じる場所。夕陽が有名なこの浜だけど、完璧な夕陽は見られず仕舞。朝も素敵だったけどねえ

なんというかここニラカナイ、「何でもあって楽なラグジュアリーリゾートホテル」ではない。
まあそんなホテルは西表島では難しいのではないかな、物質的に何もないから。
ルームサービスとかないし、ロビーでコーヒーが飲める喫茶なんかもなかったような。
朝食に出るコーヒーは美味しかったけど、そういう意味ではスタバが溢れている東京から来た私たちは一瞬「コーヒー飢餓」に陥った。
夜にコーヒーが飲めない、おやつもない。(日頃どれだけ毒にまみれているか、ってことやね)
普段そんなに飲むわけじゃなくても一時的に「コーヒーがない、どうしよう!」という想いに駆られ、ホテルの売店に通うことになるのであった。
ここではマウントレーニアが220円で売られている。都会では時折98円で手に入るカフェオレが。

まあいい。
でもエコリゾートを名乗るならば、レストランにある割り箸や紙ナフキンやスティックシュガーやらはどうにか工夫をすればいいのでは?とふと思ったり。

a0134562_0242286.jpg

a0134562_041442.jpg

話はトゥドゥマリの浜に戻って。
今回の旅を思い返した時に一番に思い浮かぶ場所。
朝食のあと、ここを散歩してサンゴや貝を拾うのがものすごく楽しかった。
そういう辛気くさいこと、どちらかというと好きではないと自分で思ってるのに、すごく不思議だったけど。でもいつまでも居られるわ〜と思った。
近くにある星砂の浜に行った時もそうだったけど、砂浜には死んだ珊瑚や貝や生きたカニややどかりが沢山いて、「ああ、こんなに静かで誰もいないのに、ここには生き物ばっかり!(死んでても)」と思ったのだった。

a0134562_030518.jpg

a0134562_0362427.jpg

a0134562_0361776.jpg

この朝は引き潮ピーク。不思議な方向から波が来たり、水があったりなかったり。
この旅では潮の満ち引きがこんなに違うものかと思い知らされたのだった

a0134562_0381832.jpg


神聖なところ。また行ける機会があれば・・・・!
[PR]
by bambolinadue | 2013-11-10 09:09

歩いた!食べた!きねん

a0134562_1961118.jpg


旅行から帰るや、ねずみ騒動、義両親が来るための大掃除、断捨離、七五三、義両親滞在、などなど怒濤の日々。なかなか離島について書けない〜もう忘れている〜〜

そんな今日は、久しぶりに家でゆーっくり出来る日。
キイコロが歩いた!2歩。丸と目撃&拍手。
そして、夜ご飯をびっくりするくらい食べた。自分でスプーンで。(すごい!)
白ご飯を3杯(子供仕様)と、大根とか鶏肉とかブロッコリー。さらにさらに、鶏肉の骨を両手で持ってガシガシしゃぶっていた・・・
残っていた肉と、軟骨まで口の中で楽しんでいた・・・
取り上げようとすると怒って、これを持って散歩して部屋を練り歩きたいのだと抗議。
あかんって、これはポシェットとは違うからそれはあかん、と交渉は決裂。
キイコロ、1本だけ私に返してくれる。無駄な肉のない、キレイな骨。
しばし残った1本を握りしめ、やっぱりキレイな骨になったものを返してくれる。

今は自分の靴を両手にはめて、部屋の中をハイハイしようとしている。なので、ここまで。
[PR]
by bambolinadue | 2013-11-07 19:22 | Con mia figlia

あと1ヶ月!成長記

a0134562_19453484.jpg

ハロウィンを地味に、でもやってみた2013年。
来年こそは派手にやるで〜〜、と毎年思ってる・・・
そんな10月末、キイコロが11ヶ月目を迎えました。なんと1歳まであと1ヶ月!ギャ〜〜
ストップザモーメント〜!
なんとなく神聖な感じがする0歳期が終わっちゃう。
でも0歳児とは思えない最近のキイコロ。

10ヶ月のメモとしては、
祝・立ち上がり。
まだプレーリードック状態だけど。丸よりは早い。

丸に名前を呼ばれたら、ハイっと手をあげる、というブームは過ぎ去ったようで今は無視(丸かわいそ〜)。
そのかわり、かわいいものや人に手を振るバイバイブーム。「ダイダ」はバイバイと言ってるつもりのよう。
昨日まで「イエイエイエ」の手つきだったのが、今日にはもう横に手を振れるという成長の早さ。
切ない・・・
a0134562_19445932.jpg

お兄ちゃんの真似をしてるのか、かばんを首にかけてハイハイしていたので買ってあげたクロネコのポシェットがお気に入り。
ちくちくする素材はどうなん?という感じなのに、自ら上手に斜め掛けしている。
さらに、もうパジャマで寝る時間だからと外すと、怒って自分で首にかけている!!
0歳にして女子魂を見たようで、少しコワいと思ってしまった私であった。

丸はというと、やすりんが「2度目の挑戦」で借りてきたドラえもんの『のびたの恐竜』。
やはり号泣。かわいそうとか怖いとか「もう見たくない」と号泣するので、今回はまた、途中でリタイア・・・。(前回は2歳の頃、恐竜ぴーすけが生まれる前(10分くらい?)で既に号泣ストップだった)
今回は結構ねばったんだけどな〜。「もうこのドラえもんは見たくない」と言われてしまった。ガーン
でもブランコも立って乗れるようになったり、練習で「4等賞だった」というので覚悟して臨んだ運動会ではかけっこ1等賞になったり(感涙)、お箸で何でも食べられるようになったり、こちらも成長が見られる4歳と8ヶ月でした。
a0134562_23421412.jpg

お風呂に入った後も「パパが帰ってきたらトリックオアトリートする!そしたらお菓子くれるかも」と言ってパジャマに仮装。ピンポーンと帰ってきたパパからお菓子をもらう二人。それ逆だけどね・・・
[PR]
by bambolinadue | 2013-11-01 19:45 | Con mia figlia