HAPPY 3! Pink Pink!

a0134562_11222336.jpg

我が家の小さなきいころが3歳に・・・なってしまった。
丸に比べると、すっかり3歳も様になる発達ぶりではあるけど、やっぱり寂しい。
(丸は2歳の間に指でピースが出来ず、2さい、と口で言うしかなかったし・・)
きいころ、2歳の間に出来なかったのは、お箸でご飯を食べることくらい?
まとめ買いしてあったLサイズのオムツの行方は・・・いやいや、この先何が起こるか誰もわからない、しばしベッドの下に待機させておこうぞ。

誕生日前にはすることがいっぱいあったのに、私が10年に1回の?飲み会で激しく二日酔いしたため、24時間はロスすることに。
が、なんとか週末には友人家族とキャンプに行くことも出来た。
11月末のキャンプでわかったこと・・・夜はとても寒いけど、電源付きサイトは偉大。ホットカーペットは偉大。そして原始的だけど、火ってとても暖かい!キャンプファイヤーばんざい。
a0134562_11131055.jpg

子供達を見ていると、絶対に友達家族と一緒の方が楽しそう。このまま10年後とかもキャンプ好きな子供でいてほしいな〜

日曜に帰ってくると、必死で内職して飾り付け。
二日酔いでふらふらになりながら自由が丘のケーキ屋を彷徨ったかいあり、モンサンクレールにて特別作ってもらった「ぴんくのバースデーケーキ」に、プレゼントはピンクのドレス。
ピンクのぼんぼんで部屋中飾って、ピンクのプリンセチアの花まで購入。
そう「ピンクパーティ」であります!(が、私の中では「さよならピンクパーティ」)

a0134562_11245732.jpg

a0134562_11284325.jpg


目黒のプリスクールまでの道で「ここに入りたいな〜」といつも呟くキイコロ@パチンコ屋の前。
白い天使のドレスで写真を撮ったら「きいちゃんに、おっぱいがある〜!」と喜ぶキイコロ。
私と正反対の「早く大人になりたい」派と思われる・・早熟要注意人物だけど、
のびのび元気で、優しく強く育っておくれ!
a0134562_11191946.jpg

[PR]
# by bambolinadue | 2015-12-08 11:34 | Con mia figlia

きこ2歳/七五三

a0134562_016404.jpg

雨・・・・・

クリスチャンなので、あまり関係ない行事・・・とはいえ、日本人として、女子の母としていつか後悔したくないので、思い切って七五三をすることに。
前回、丸の5才の時は衣装をスタジオアリスで借りたからタダ同然だったけど、
今回は私も着物を着たい!ということで、近場の本門寺さんにて全てやってしまう。
7歳の時は、明治神宮か京都でやりたいな。

ところで私、着物と言えば、着慣れないし、に、似合わない・・・
成人式の時も全然似合わなかった。あれは着付けの人が下手だったからと思いたいけど。
(そう思えば成人式も結婚式も、わたしほとんどかわいい写真がないな・・・しょぼぼん)
でも今回はわりとオッケーな感じで、ほっ。セーフ!
キイコロの記念すべき写真、自分のウツリが悪いからと写真をしまい込むことは避けたかったから良かった。

七五三に際して、今回は私の両親が京都から来てくれた。それと東京の妹家族も。
やすりんのご両親は都合が合わず、無念。
前夜、パパママが京都から持ってきてくれた超高級お肉で、すき焼き。
丸に「世界で一番大好きな食べ物、じいじのすき焼き〜」と言わしめる、我が実家の甘すぎるすき焼き。毎年お正月だけのお楽しみだったのに、ここで食べられるとは!!
パパが朝から買いに走ってくれたという。
最初は肉だけを焼いて食べまくるこれ、今回は野菜も沢山食べたし(いつもは野菜に行くまでに力尽きてしまう)大変に満喫できてしあわせ〜〜

そして日曜の朝はゆっくり、本門寺へ。
あ、しっかりとした雨の日でした。がくっ
いつのまに雨女になったのか、うちのママ。4日間、きっちり雨でした。おーーい
でもね、雨だったからいらない場所を練り歩いて疲れたりすることなく、本門寺のお庭を見ながらご飯を食べたら「さ、着物返してこよか」といさぎよく脱ぎ捨て、その場で返すことも出来たし良しとしよ。
雨でしっとり濡れる本門寺のお庭、すごくすごく良かったし。
a0134562_0251715.jpg

なんといっても、あんみつ姫みたいなきいころ、かわいかった♪
頭にさすかんざし、かわいくてうらやましかった。
今の女の子って、いろんな格好が出来ていいね〜〜・・しみじみ。

3歳間近のキイコロ。誕生日プレゼントは「ピンクのドレス」と言い続けてるけど、
買うか作るか迷い続けて、はや2週間前。
どないしよ〜〜〜〜

a0134562_031875.jpg

いとこのトウコちゃんとも毎日遊べたし、楽しかった〜
[PR]
# by bambolinadue | 2015-11-12 00:33 | Con mia figlia

きいころ2歳/幼稚園えらび

a0134562_945158.jpg

  女子だからか色塗り技術が知らない間に進んでた・・・

旅の記録途中だけど、キイコロ2歳になる直前、ぐんぐん成長しているのでそのメモも。
そして東京都では11月1日、ほとんどの私立幼稚園の願書提出日となっておりました。

一番近い区立のこども園が、丸の時から入れたかった本命・・・先生もプロだし子供はのびのびしてるし、行事も多いし給食付き!が、抽選で倍率が3倍くらい。入れないと辛い。
あと、京都に帰省することが減って、教会に行く機会が少ないキイコロだから、キリスト教系がいいな〜〜と思ってた。
そうなると2園あって、近い方ののびのび幼稚園でいいや〜と思いつつ、もやもやが取れなかった私。
私立に申し込んでから区立に受かった場合、入園金の15万前後を捨てることになる。でもそんな無駄は私には出来ない!(15万あったら何が買える??コートにバングルに・・・あぁぁ考えたら15万を持って逃走してしまいそう)

直前まで決めかねて七転八倒、「もう抽選はずれてもいい、区立1本で!」と叫びそうになってたんだけど、ギリギリで遠い方の私立に決めたら心がすっきり。
きっかけは、園の前を通った時にキイコロが「あ、ここきいちゃんの好きなところ・・・」と言ったこと。意味はないかもしれないけど、それで私の頭がまた思考を再開したというか。

前日に、面接用の服がない!と大騒ぎしたけど、キイコロのワンピは1日で縫って、私の服はなんとか手持ちでまかなえたし♪(しかしこれが2人目の母か!と自分に喝。これからは定番を少し持つことを考えねば・・・)

気になるのは、他の園より遠いから送り迎えが大変だな〜ってことくらい。
あとは園が狭いのと、ピアノが置いてあるのか未確認ということ。
それ以外は、京都の教会付き幼稚園に雰囲気が似てる気がするし、園生活が楽しみ。
私も勇気を出して一歩新しい世界に踏み出せた様な気がするし(おーげさ!)

そして翌日。東京のあまりの寒さと、疲れが一気に出たのか、ついに風邪・・・
でも解放された感、サイコー!!
a0134562_9483325.jpg

ハロウィン週は仮装で出席@プリスクール 2回行ったからアナとティンカーベルで
a0134562_9494241.jpg

 地元のハロウィン練り歩き、お兄ちゃん達の速さについていけない2歳女子
a0134562_9521134.jpg

 籠に山盛りのお菓子をゲット!これが半年くらい残るんだよね〜・・
a0134562_9532487.jpg

 親子揃って半お受験コスプレを楽しむ
a0134562_1022279.jpg

もうすっかりお姉ちゃん・・・さみしい〜〜
[PR]
# by bambolinadue | 2015-11-03 10:00 | Con mia figlia

初めてのアグリツーリズモ

ボローニャで思わぬ時間を取ってしまい(あぁ、でも私にとったら生殺しのように離れるのが辛かった!また最終日にボローニャを歩けることを夢見ながら・・)、急いでレンタカーでトスカーナに向かう。宿は夜の8時を過ぎるならどうたらこうたら言ってた様な・・・
車はボローニャーフィレンツェ間の山道高速ドライブ。ここは何度かバスや車で通ったこともある、好きな道。どんどん空は暗くなる。けれど大都会フィレンツェが近づくと、ものすごい光の洪水・・・なんて、東京に比べたら全然なんだけどね。
FIRENZEという表示を見るだけで、忘れてた気持ちや空気や思い出、いろんなものが溢れてきそう。これは・・・ヤバいかも。
が、今は無事アグリに到着出来るのか、集中あるのみ。
google mapを取り込むという技は本当に素晴らしかった。これがなかったら辿り着けなかったかも。

信じられないくらいデコボコの泥道を越え、車は到着。時間は8時過ぎ。
星がキラキラする空の下、周りには何も見えない。大きな犬がワンワン吠えてる。

オーナーの二人はレストランの厨房でディナーを作っているところだったけど、
「遅くなってごめんなさい〜〜」と行くと、開口一番「ゆるさん」という冗談(?)で迎えてくれた。(ナゼ私はいつもこんな扱い・・)
部屋はアップグレードしたのよ、あなたたちラッキーよ♪
・・・と言われたけれど、ポルトの素晴らしかった部屋に比べると・・・いやいや、これは想定内。
オシャレで雑誌の中のセレブアグリみたいなのも素敵だったけど一泊5万とか出せず、、、こちらはすんごい現実的なリアルなトスカーナのお部屋でございました。でも懐かしいテラコッタの床・・。
何よりも無事着いて良かった♪

a0134562_22284420.jpg

子供は寝たから、さっそくスーパーで買ったばかりのペーストを使ってパスタを作る。生ハムも!
ネットをつなぐのも一苦労。
シャワーは、ナニコレ・・・・オリーブオイルが入ってる??というくらいオイリーな水。
トスカーナの水ってこんなだった??イヤイヤイヤ・・・・これは謎のまま。

a0134562_2226194.jpg


朝。
a0134562_2240023.jpg

a0134562_2391497.jpg

a0134562_2243042.jpg

a0134562_22444522.jpg


まずは犬たちに挨拶。大きいのがエンマとグレタ、小さいのがクセーニャ。猫はフィリッポ。
家のまわりを散歩して、朝ご飯を食べて、そしたら・・・
a0134562_22483280.jpg

晴れた!!!
[PR]
# by bambolinadue | 2015-11-01 22:50 | 2014年ポルトガル&イタリア

とうとうイタリアへ

ざーざー雨の中、空港へ。いつものように、ポルトが泣いてるのだと思う。
それにしても着いた時も雨が降ってたポルト。私たちがいる間はどんどん晴れてくれてほんとにありがとう!リスボンといい、ポルトガルにハズレなし!またいつか・・・

飛行機もまたLCCゆえ、雨の中、走って飛行機のタラップへ。(これに何故か腹を立ててたやすりん)
ポルト→ボローニャという不思議なルート。大学街つながり?
でもこのおかげで、私は11年ぶりにボローニャの街へと降り立てた。

しかしなんで・・・前のシチリアに続いて何で??!私たちはよりによってイタリアという国でレンタカーをしようとするのか。
きっとそれは私がイタリアに住んでいてイタリア語が出来て・・・という奢りだろう。言葉も感覚もどんどん薄れていっているというのに。(しかも住んでる時に自分で運転してなかったしな〜)
でも車ならではの旅だから仕方ないし、やっぱり車から見るイタリアもとても素敵なのだ。ほんとに価値があると思う。
そして運転手はやすりん。
空港からボローニャ市街は20分くらいなはずだけど、1時間かかったね♪その前に、レンタカー借りるのに1時間かかったね♪
a0134562_8412640.jpg

mura(街の外壁)が目に入ったら、自分でも想像してなかった懐かしさみたいな知らない気持ちに全身を襲われた。ぐぐぐ・・・ボローニャに着いて間もなくの頃の、一人で心細く歩いた時のこと、ルッカやフィレンツェとは違う洒落たショーウインドーを見て回ったことを思い出してぐっとくる。

a0134562_8252182.jpg

駅前で冬見おじさんに合流。そこから初めて行く冬見邸へ。
この方はどこに住んでいても変わらないし、やっぱりこのお家もステキ。
数年前に結婚したシルヴィアさんが帰ってこられて、ご挨拶。
美味しいワインに、美味しい手作りのカルボナーラやらラザニアやらを頂く。
昔はトスカーナに住んでいても地元のパスタではなく「スパゲッティ」しか食べなかったおじさんが、「この地域ではこれだから」とタリアテッレみたいなパスタを食べてたのが新鮮だった。これが結婚というやつなのね。
ここで丸が「カルボナーラ」に開眼。この後どの店に行ってもカルボナーラを頼むはめに・・・。あのー、これローマのパスタなんですけどね。
a0134562_13405328.jpg

↑おっと、このピンクのソファ、IKEAで見てかなり気になってたやつ!やっぱりかわいすぎ〜
というわけで、1年後の今、我が家のリビングにも同じソファが。


今日泊まる宿までの道のりをスマホのgoogleで辿っておくと、ネットにつながらなくてもナビがわりになるという技を教えてもらい(あ〜これは素晴らしい技だった!感動)
冬見おじさんにチェントロ(街の中心地)を少し案内してもらう。
バスに乗って、ほんとにチェントロチェントロだけだったけど、懐かしくて嬉しくて。
当時、ルッカからボローニャに転校したのも冬見叔父のアドバイスだったけど、ボローニャで会うのは初めてだから、それも変な感じ。当時、おじさんはトスカーナの丘の上に住んでたのだ。

a0134562_13451766.jpg

a0134562_13454526.jpg

懐かしのサラボルサ図書館やピアッツァ、新しく出来た超オシャレなショッピングセンター、ボローニャ大学周辺など歩く。もちろんジェラート食べながら。
子供がいても変わらない冬見スピードに、きいころ抱いてジェラート持ったやすりんがなかなか追いつけず(笑)

あ〜〜、ゆっくり歩きたい。この街ではほとんどいつも一人でいたから、家族でいるなんて信じられない。マッテオに会いたい!
が、時間もなく、泣く泣くボローニャの街を後に。さあ、気合いを入れて!
トスカーナに向けて、運転開始!(やすりんがね)
[PR]
# by bambolinadue | 2015-10-20 13:52 | 2014年ポルトガル&イタリア