豚のすべてを

a0134562_11119.jpg
喧噪の大通りを歩いている時に、小道からブワッと広がるこの景色、まるでラピュタ!!いつも感動して、毎回その存在を忘れている気がする。
a0134562_1101787.jpg

次回もまだあれば、是非入ってみたいと思います。リバービューレストラン。


バリ編に戻ります。

ウブドで最後のごはん。それはバビグリン。
サンティカスパの後、あぜ道を歩いて街に戻り王宮そばのイブオカへ。
私も初めてのバビグリン!
バビグリンとはバリのお祝い時などに欠かせない豚の丸焼き。
血を全て抜いた豚にハーブを詰めて丸焼きにしたもの、豚のすべてを食べられるという(だよね?)一品。
これ、タルちゃんに会いにバリに来た時、連れてってもらった「日本語スピーチコンテスト」で少女が一生懸命つたない日本語でバビグリンの作り方を説明していたのが印象深く・・・(だいたいバビグリンという単語の迫力がすごすぎるし)

観光客でいっぱいだったけど、すんなり入れてお座敷に座る。
ナシ・バビグリン・スペシャル2皿と、豚のからあげ1皿。
豚は本当にお肉がジュースィ!!かりっかりとジューシィのハーモニー。
a0134562_10433414.jpg

そしてスパイシー。
私は食べながらも「うーん・・・全部ブタかぁ・・・」となんかもやもやしつつ(ムスリムか!)、
いやね、関西人だからかブタにそんな積極的になったことがないから?妊婦だから?トンカツは大好きだけど。既に東京生活慣れてブタの方が身近だけど。そんな「豚のすべて」を食べて良いものか自問しつつ・・
妊婦ならではの食欲か、止めることが出来ず完食。

そして丸は豚の唐揚げ、それはもうカリッカリすぎるくらいの、をほぼ完食。。ダイジョブか、この人・・・シンパイ。唐揚げというか、豚のいろんなものを集めて揚げたもの?これ確かに美味しかった!けど・・・
a0134562_10482377.jpg


見よ、このお腹!ドドーン ぷるっぷるん
a0134562_10485784.jpg



ものっすごく重くなったお腹を抱いて、例のお店に石けんなど受け取りに行き、ホテルの車を呼んでもらってウブドとはさようなら。。
この時、店がマイナーだったからか車がなかなか来ず、ものすごく不安というかユーウツに。
でも子連れの旅のポイントとしては、絶対に親が不安そうにしていたらいけない。というのがあり、(そう、『ライフイズビューティフル』のパパ・グイドのように、殺される直前でも笑顔!の精神ここにあり)・・・イライラしつつも自分を制するのであった。
そういう意味でも、慣れたバリに来たのは正解だったかな。次は知らないところに行きたいけどね。

***
バビグリン、kayoがFBで注意してくれた時はとき既に遅し。
やすりんは未だおかしなお腹を抱えており、丸もちょっと下痢っぽくなったかな?でもバリ中も時々なってたので、どれが原因かはよくわからず。重症じゃなくて良かった。
私は強靭なお腹の持ち主ゆえ、むしろ便秘気味で・・・。帰国後すこしおかしくなるものの、原因不明(日本のにんにく?)。おなかが張ってるのは妊娠故かも。
[PR]
by bambolinadue | 2012-06-30 11:03 | BALI'12夏


<< 河原で家族っぽいこと 香港味のまったり紅茶 >>