ヨソジ越え!

a0134562_2250375.jpg


いやいやいや・・・まだまだ越えませんけど~。
かといえ、近づいてきたヨソジに向けて、
今まで偶然2回、深夜の番組でお見かけしては気になっていた湯山女史の本を読んでみた。
この人、ものすごい面白い。テレビでもYouですらヒクような話題をずばずばと核心ついてくるし(すごい下ネタなんだけど)、この人の話聞いてると「40歳って・・・どんなん?」ともっと知りたくなっちゃってね。
図書館で借りたけど、思わず赤線引きたくなる箇所続出!こんなの19才の『地球の歩き方イギリス』以来!(っていうのはウソだけど・・・あれにもいっぱい引いてたな〜赤線)

最近、妹の家で話題の小説いっぱい借りて読んでたけど、なーんかピンとくるものがなくて。
もう私のアンテナ終わってんのかな、とややショックを受けてたんだけど(だって、すごいベストセラーとか話題作なのに、大して面白いと思えない。全部、軽い。)
湯山女史の本を読んでると、「多数派である必要は全然ない!」「むしろ、それで全然いい!」と思えてほっとした。
あと、女史のような友達が欲しいと猛烈に思った。いろんな意味で。
ひとつは私がここ数年ぽっかり空白状態でいる文化的活動について、それらが自分の中で「空白である」ことすら忘れていたことに気づいたってこと。アダムとイブの林檎か?
音楽にアートにファッション、時が止まっております。私の中で。

そして編集部で働いてる時は、やっぱり20歳くらい上のおばさま達と一緒にいたから、いろんな刺激を受けてたなあということを思い出す。イタリアの冬見おじも20歳年上。湯山女史は15歳年上。

これから人生で起こること、それはもちろん個人によって違うし、「そんなん、自分で勝手に立ち向かえばいい」のかもしれない。昔の人はそうだったんだろうし。
でも例えば巷を騒がしている「35歳過ぎたら不妊が増える」なんて、今まで誰も教えてくれなかった。30代に厄年が2回くること、30代半ばは体力的にずいぶんガタがくること、そういうことも知らなかったし、これから来るのであろう更年期障害とか、やっぱり全然知らない。
あと例えば・・・今の私には70歳と80歳はほぼ同じに思えるけれど、それなりに違いがあるんだろう。これは時代によって変わってくるんだろうけどさ。
ステレオタイプにまとめる必要はないけど、どっかで教えてほしいよね。この前誰かも「卵子の老化やら30過ぎたら妊娠しにくいってことを新入社員研修で教えてほしかった」と言ってたし。

特に産後に体調が変わって不調が増え、実際35歳で流産繰り返したり体質改善したりして、老化してるなあと感じる最近の私。育児してるから、とかまけて人生ぼんやり過ごしすぎた気がする。
ベニシアさんも「40歳で人は新しく生まれ変わる」と言っているし、40歳って確かに人生折り返し。
まだまだ世界に知らないこともあるし、そのまま死んでいくのは嫌だし(オオゲサ)、やりたいこともあるし。やっぱり体力は大事だね、出産が終わればぜひとも鍛えていこうと思う。

なーんて、壮大な(?)こと書いてみたけど、この人の本を読もうと思ったきっかけのセリフ。
女は40歳が最も性欲絶倫になるんです、ですってよ。ほんまかいな!
人生、まだまだ未知な世界が広がってるわあ。
[PR]
by bambolinadue | 2012-07-22 01:05 | わたし日記


<< 夏の誕生日 庭プール >>