あこがれの橋の上から

1年経つ記念に(もっと昔な気がする!)あの旅の記録を。

ちょうど1年前の今日、
ポルトの市街地を楽しんだ後、ついに、ついにこの旅のメインといっていい、ドンルイス1世橋へ!
a0134562_23465679.jpg

a0134562_2354770.jpg

a0134562_23571639.jpg


ここ、高所恐怖症の私にはめっちゃ怖かった・・・
この橋、真ん中にトラムの線路があり、そこは隙間があるというか、下が見える。まさか足がずるっと入ることはないけれど、ヒールとかだとはまるかも。下にうっすら川面が見えるわけです。
手すりは普通の高さの(脇くらい?)しかないし、歩道のすぐ横をときおりトラムが通るんだから!逃げられないよ、こわいよ〜〜
a0134562_065592.jpg


a0134562_08241.jpg

ああ、でも、川面がきらきらしている。もう・・・なんも言えねぇ

a0134562_093636.jpg

渡り終えた!あ〜この景色が見たかった。でもポルトなんて遠いところは無理かなあと諦めてた。
なのに来れたんだ、と感動。
しばし景色を見て休憩。

a0134562_0105828.jpg


次は、ロープウェーに乗って、対岸の岸まで降りていく。
これまた怖そうだけど・・・大丈夫!
真下はポートワインの工場が立ち並ぶ。もうこの赤いべこべこの屋根がたまらなく好き!
ぐねぐね曲がりくねった坂道は、これまたシータとパズーが走っていそう(こればっかし!)
赤い屋根には、ときおりガラスで出来た三角錐の天窓??があって、とてもかわいい。
a0134562_0145379.jpg


a0134562_016766.jpg


a0134562_0184199.jpg

心臓が大きくなっていて、今にも飛び出しそう。もう次から次へと好きなものしか入って来ない!この興奮。しかしこんなにべこべこの屋根や壁で、ポルトの街はいつまでこのままで居てくれるんだろう。壊れてほしくもないし、新しくなってほしくもない。
ロープウェーのチケットは往復プラス、ポートワイングラス1杯がついていたので、適当に入ってみる・・・うーん、やっぱりポートワイン。うーん。

対岸にカイスダリベイラ=我が家を見ながら、もちろんドンルイス1世橋も、公園で遊ぶ。
こういう時間は子連れじゃないと味わえないね。
a0134562_0241045.jpg

    あ〜今と全然顔が違う〜〜

さー、ロープウェーで橋の上に戻りましょう。そして部屋に帰る前に、もひとつ高いところにある修道院の公園へ。(もう修道院の名前とか、細かいことを調べてたら記事upできひん)
a0134562_0221662.jpg

a0134562_0231019.jpg


どんなに意味のないポーズも真似するきいころ。↑

そして高いところからの橋がこちら。
もう見飽きた?
a0134562_0252540.jpg

a0134562_81131100.jpg

ちなみに私はこの手すりに近づけず・・・チーン


薄暗くなってきて、ようやく家へ・・・
ではなく、最後の晩餐へ。
有名なお店だったけど、ものすっごく美味しいポルトガル料理だった。
a0134562_894966.jpg

理想の形の海鮮アローシュ、ようやく出会えた!!
子供が撃沈しているので、お持ち帰りの容器に入れてもらい、帰宅。
a0134562_88243.jpg

ああ、寂しすぎるけれど、ポルトの夜景はこれで最後。
さよなら、さよなら・・・またいつか来ることが出来るかな。
スイート10でもらうべくダイヤの代わりの、この夜景・・・。
こっちにして良かったわ〜〜こんなキレイな景色、自分の目で見れて本当に嬉しかった。


おやすみ、ポルト。おやすみ。
といっても3時には起床!・・・だったような、タクシーのお迎えが3時?
a0134562_0302362.jpg

[PR]
by bambolinadue | 2015-10-15 00:30 | 2014年ポルトガル&イタリア


<< とうとうイタリアへ 秋の幸せ >>